葉酸とは

葉酸は、前世紀の中頃、ほうれん草の葉から発見されたビタミンBの一種ですが、最近の研究で妊娠初期の女性の方がこの葉酸を摂取すると、生まれてくる胎児の神経管閉鎖障害の発生を抑えることができることがわかってきたために、現在、特に妊婦向けの栄養素として、脚光を浴びています。

このコラムでは、葉酸とは、何かについて、主に人体に対する効能やこの栄養素を含有している食材の観点から取り上げます。

葉酸の効能

葉酸の効能について、その中心的な働きについてみてみると、細胞分裂や増殖、DNAの形成を促進するということです。

従いまして、胎児の発育等細胞の増殖等が求められる女性の妊娠時やその前後には、特にこの葉酸のような栄養素が必要になりますが、このような時期にこれが不足しますと、母体の胎盤の形成や、出産前の胎児の育成、出産後の授乳等が不十分になり、無脳症や二分脊柱等の神経性閉鎖障害に代表される未熟児の出産や、出産後の胎児の発育不足等の問題を引き起こす恐れもあります。

また、このような妊娠初期の女性の出産における胎児の神経管閉鎖障害の抑制以外に、細胞分裂や増殖、DNAの形成促進という働きからか、貧血の防止、乳がん・肺がん・直腸がん・子宮がん等のがんの抑制、疲労・うつ・ストレスの緩和、口内炎潰瘍の治癒等の効能も伝えられています。

葉酸を含有する食べ物、飲み物等

葉酸を含有する食べ物としましては、海苔類、パセリ、バジル、枝豆、昆布、きな粉、モロヘイヤ、いわし、レバー、ウニ、桜えび等がありますが、どちらかというと生食よりも、天日干しのような乾燥させたものに多く含まれているようです。

また、サプリ以外の通常の飲み物では、抹茶等のお茶類にも含まれているようです。

葉酸とは

このようなことから、葉酸とは、乾燥させた葉や一部の魚介類、レバー等の食材に多く含まれているビタミンB系の栄養素で、胎児の発育に必要な体細胞の形成や増殖等を支援することから、特に妊娠中やその前後の女性に有効なものということができそうです。

ただ、実際には、厚生労働省が推奨している葉酸に関しても、議論があるようですが、天然由来のものだけでなく、合成された葉酸もありますので、注意が必要です。

新着情報

◆2016/01/06
まとめを新規投稿しました。
◆2016/01/06
葉酸サプリの具体的な商品からの考察(ベルタ葉酸サプリ)を新規投稿しました。
◆2016/01/06
葉酸サプリの選び方を新規投稿しました。
◆2016/01/06
葉酸の摂取方法を具体的に考えてみましょうを新規投稿しました。
◆2016/01/06
葉酸を摂取する上で配慮すべきことを新規投稿しました。